ネイル講座 - ダイゾーの「ミクシーな日記」

ネイルアート講座は資格試験?

001022.jpg


資格試験や検定試験も多様化してきています。
語学の試験も様々ですが英語のTOEICは何と年に10回(2月と8月を除く毎月)も
行われている。英語の検定資格は就活にも重要ですからね。
ご当地検定とかも盛ん、どうでもいいようなのもある「夜景鑑賞士検定」???
ほとんど趣味というかマニアックな世界ですね。
お笑い芸人のアンジャッシュの渡部健がこの夜景鑑賞士の称号を持っていると
本人がラジオで語っていた(J-WAVE「ゴールドラッシュ」毎週金曜日16:00~)ので
たまたま知った検定情報なのですが...
検定もビジネスになってきていますね。

ところでこの資格、ある職業を目指す人に取っては必須のものも多くあります。
ネイル検定というのがあるのですが、これはもちろんネイリスト・ネイルアーティストのための検定試験で、爪の美容や健康のためのネイルケアを施したり、つけ爪やジェルネイルの施術、ネイルケアやカラーリング、人工爪作り、ネイルアート、手足のマッサージや角質除去といったハンドケアやフットケアもまでにも及ぶ結構守備範囲の広いものなのですね。
ところでネイリストになるにはこの検定試験はどう絡んでいるのでしょうか?
資格として必要なものかどうかも興味あるところですね、
でもネイル講座って結構お金がかかるみたいですね...

ネイル講座


ネイルアートの通信講座資料請求

001022.jpg


ネイル講座の通信教育の資料をお探しなら

「ケイコとマナブ」の資料請求はこちらからできます。

ネイル講座


ネイル検定について調べていましたが
ネイリストになるための資格とかそのための
ネイル資格試験とかがあるのでしょうか?
それともネイル検定で何級以上が必要とかの規定があるのでしょうか?

また最近近くに、爪専用のクリニックのようなものが出来ました。
足の指の巻き爪とかの矯正もするようで
店のガラスウィンドウにペイントしてありました。

そういった資格は医療的なものですか、それとも美容的なものになるのでしょうか・

ネイルも気になりだすと、キリがないような気もしますけど
家事とかパソコンとかと共存するような実用的(ネイルはもともと実用的ではない?)
なものがあるともっと流行るのでしょうね。
例えば炊事をしても手が荒れなくなるネイル?
そんなようなアイデアは無いのでしょうか?