セキュリティPCソフト - ダイゾーの「ミクシーな日記」

カスペルスキー 買った

カスペルスキーは今が買い時
5月9日まではキャンペーンで
カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版
が実質2440円で買えた。
amazonco.jpでは7040円から5440円の間で値段が変動している。
(キャンペーンで3000円相当のキャッシュバック)


カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版


ウィルスバスターはもう18年以上も使っている。
途中から、1つのシリアル・ナンバーで3台まで使えるようになった。
わが家はPCが3台以上あるので嬉しい進展だった。

だが、それでもPCはどんどん増えていく
カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版
は1つのアクティベーション・コード(シリアル・ナンバー)で何台でも使える。

(台数無制限というフレコミだったが、実際に封入されているライセンスカードには
「10台の異なった機器にインストール可能」とあり、謳い文句と異なるが、
現状では10台で問題なしだが... もしかするとダウンロード版と異なるのかも...)
⇒11台以上は電話での申請が必要だが、可能らしい(スタートガイドp.2脚部)

家はWindowsがほとんどなので(Vista×2 7×2 7starter×1 Ubuntsu×1)
Windowsでは最強といわれるKasperskyを導入した。
スマホも3台(Android)あるので、そちらでも使えるようだ。




カスペルスキー 3か月使用の感想

ウィルス対策ソフトのカスペルスキー
カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版
というのを買いましたという記事を書きました。
カスペルスキー 買った
3カ月程使ってみた感想を書きます。


カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版


現在ウィルスバスターを使用中、3台まで使えるので。
あと2台分ウィルス対策ソフトが必要だった。
そこでカスペルスキーを導入、なんでもWindowsでは最強との触れ込みだった。

ウィルスバスターとくらべて動作的には重い感じもしないが、
自動アップデート機能がおかしいのか、しょっちゅう「長い間アップデートがされてません」
というメッセージがでる、これは2台とも同じ状況(HP、NEC ともにWin7)。
設定は自動になっている。何回も確認した。Windowsからもセキュリティー脆弱の警告がくる。
そのたびに設定、煩わしい。

もう少し検証してみないと判らないけど、
ウィルスバスターは静かに動いているのに、カスペルスキーは存在を強調しすぎ。
まあ値段は高いけどウィルスバスターのほうがオススメかな?














ウィルスバスターとカスペルスキー



カスペルスキーとウィルスバスターの評価が逆転!

2週間ほど前だったか、自分の作成した新しいサイトが
トレンド・マイクロ社のウィルスバスターによって
不当にブロック
されることがあった。

こういうことは今までも度々あって、
サイトの安全性を報告するボタンを何回かクリックして
解除申請を送信しなければならなかった。

最後に不当ブロックされたサイトはウィルスバスターを通すと
いまだに警告表示になる。非常に腹立たしい。

現在のわが家のセキュリティソフトの対策状況は、
3台のパソコンにウィルスバスター(一つのシリアルNo.の限度数)
と2台のパソコンにカスペルスキー(一つのactivation codeで10台、限定解除も無料で可)
を導入している。

問題のサイトはカスペルスキーでは何の問題もなく表示される、当然だ。
ウィルスバスターは自分のサイトでなくても、不当にブロックされているものに
たまに出くわす。

これまではウィルスバスターを18年以上も使い続けてきていたが、PCが増えたので、カスペルスキーを9ヶ月ほど前に導入した。値段はウィルスバスターの3分の一位(3年プライベート版というのを5980円くらいでamazon.co.jpで買って、3000円のJCBカードがキャンペーンとして送られたので、実質2980円というお買い得、さらにPCやスマホ等にも使えて台数制限なし)だったが、なんでもウィンドウズではカスペルスキーが一番信頼性が高いということだったのが一番の購入理由だった。

導入して使い始めたカスペルスキーだったが、使い慣れてないこともあり、使い勝手が悪くここ最近までは、カスペルスキーに対しては、面倒くさいソフトくらいにしか思っていなかった。

不当にブロックされている私のサイトのURL:http://掛川たもぎ茶の健康効果.359s.net/

しかし本日、カスペルスキーの評価が急上昇する出来事があった。
これまでの伏線としては、自分のサイトがウィルスバスターによって不当にブロックされているという、苛立たしい状況が何回かあったが、
この度の評価は今朝届いた一通のメールからだった

そのメールは三菱東京UFJ銀行からのもので(実は詐欺)、暗証番号の確認を促すものだった。

メール内容:
差出人;三菱東京UFJ銀行
>
> こんにちは!
> これは三菱東京UFJ銀行によって行っているユーザ番号の調査です。
> あなたのユーザ番号は使用停止になっているかどうかをチェックしています。
> あなたのユーザ番号は合法的であることが保障できるために、下記のリンクをクリックしてください。
> ht tps://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001
>
> あなたのユーザ番号の承認が完成された後、三菱東京UFJ銀行よりあなたのユーザ番号をチェックしていただきます。


これは最近テレビでもおなじみの銀行を語った詐欺
ダイレクト口座のID,PWそして乱数表の50組の暗証番号をすべて入力させて盗み取る手口。
リンクされているURLも偽装されている(htt p://www.czdtzx.com/js/が転移先)

メインのPCにはウィルスバスターを使っているが、ちょっと悪戯してやるつもりであえて進入した。リンクには何のブロックもせずにログイン時にも警告なしだった。暗証番号等の入力にも何の警告もなしで乱数表の数字も5✕2を10回、と最後にダイレクトPW(4桁)をもう一度入力で何の警告もなく詐欺に引っかかってしまったような状況になってしまった(もちろん入力したのはすべて適当な番号)。

それから何気なく悪戯の続きをやってやろうと別のカスペルスキーの入っているPCからアクセスしようとしたところ、まずサイトに入る前に警告があり、それを無視してサイトTOPを開いたが、それ以降はIDやPWを入力しようとするたびに警告がかあり、入力は不可だった。

つまり、ウィルスバスターを使っている人は詐欺に会いカスペルスキーを使っている人は詐欺を事前に阻止してもらえたいう結果に当然なる。

個人の全く無害のサイトをブロックして、このような詐欺には何の対策もしないウィルスバスターと全く逆の対応、個人の無害なサイトにはやさしく、詐欺サイトへは徹底的に侵入させないカスペルスキーとではどちらが優れているか明らかになった。

もちろんこれは一事例のみの評価になるが、今後はウィルスバスターは信用出来ない、やはりカスペルスキーという評価になるのは当然ですよね....


カスペルスキーの最新版2014






対策が遅すぎるウィルスバスター

三菱東京UFJを偽装した詐欺サイトへのアクセス

ウィルスバスターでも今朝の7:02すぎにやっとブロックがかかった。
カスペルスキーでは昨日の早朝にメールが届いた時点ですでにブロックがかかっていた、
ウィルスバスターでは24時間以上遅れを取っている、これはインターネットの世界では天文学的な倍数の遅れになるのではないでしょうか、トレンドマイクロ社さん...