詐欺商法 - ダイゾーの「ミクシーな日記」

イラクの通貨「ディナール」

イラクディナールに注意
昨日の迷惑電話ファイル:03(5302)6200
でなんとなく、イラクの通貨「ディナール」の売買の斡旋
について書いたが、気になったのもう少しまとめてみた。

イラクの経済は依然あまり良くないだろう、国状が悪いので、
イラクの通貨ディナールは今は価値がどん底の状態、
だから為替が低い今が買い時、と株式取引のような仕組みの話を
持ちかけ来てだまして投資させてしまうという悪質な商法。

通貨は株券とは違って、底値がないのだ、
どういうことかというと為替レートの問題で底なしに下がって行く、
たとえばある時点で1ドル=10000ディナールだったとしよう、
ディナーの価値が下がるとディナール安になり
たとえば1ドル=12000ディナールになったりする
さらにデイナール安になると1ドル=20000ディナールと
決してゼロには近づかず逆に数字が大きくなっていくのだ
この意味において底値がないのだ、だから平気でインフレ率1000%とか
あり得ない数字が実際にでてきている。

だから株とは全く違う、日本の銀行では決して扱うことのない通貨には手を出すな。




以下は独立行政法人国民生活センターの警告の引用です:
業者が電話などで「イラクの通貨(イラクディナール。以下、ディナール)をいま買えば、将来、円に両替したときに儲かる」と勧誘するトラブルが、2010年3月以降、急増している。
ディナールは、他の米ドルやユーロなどの通貨とは異なり、国内では極めて取引がしにくい通貨であるため、ディナールを購入しても円に換金することは困難である。また、「絶対に儲かる」といった勧誘も目立つが、鵜呑(うの)みにすべきではない。
高齢者や過去に未公開株などの投資トラブルにあった消費者をねらった勧誘が多いことから、トラブルの拡大を未然に防ぐために、安易にディナールを購入しないよう注意を呼びかける。