ふるさと納税 「仕組み」早わかり - ダイゾーの「ミクシーな日記」

ふるさと納税 「仕組み」早わかり


ふるさと納税 って何?

ぱっと聞いた感じではで、「住民税」を自分の現住所で住民票のある地方自治体ではなく、
「自分の生まれ故郷」の地方自治体へ収めること。

なんていうようなことだと思いませんか?


でも同じ土地に生まれ育った人は「ふるさと納税」できないのでしょうか?

答えは「できます」 ですが、


そもそも「ふるさと納税」がどういうものなのか、わかってないといけませんよね。

この「ふるさと納税」という名称がややこしいのですが、

本質的なものは、「寄付」です。

地方自治体への個人の寄付なのです。

だから「ふるさと納税」を受け付けている、どの地方自治体に寄付しても良いのです。

わかりやす具体例を使って、順を追って説明しますね:

@「ふるさと納税」する
北海道富良野市に「ふるさと納税」の名目で1万円を寄付する。

A「ふるさと納税」返礼品が送られてくる。
北海道富良野市からは返礼品として、「富良野メロン」が送られてくる。
(納税時期とメロンの収穫期のずれによって、タイミングは変化します。)

B確定申告の際に「ふるさと納税」の金額を申告する。
所得税から寄付金額(2000円は控除対象外)が控除される。

つまり極端に考えると、自分の負担が2000円だけで、「富良野メロン」などの各地の名産品が手に入るということです。

「ふるさと納税」は様々な地方自治体で受け付けていますので、返礼品などをチェックすると
思わぬグルメ品が2000円負担で手に入るということです。
じょうずに活用することで、賢い納税者になれるということですね。


総務省 ふるさと納税ポータルサイト





「寄付」と「寄附」 一般的には「寄付」が多いですね、新聞でも表記は「寄付」を使っているようです。しかし、法、令・公用文における公式の表記は「寄附」だそうです。「付則・附則」「付属・附属」「付帯・附帯」「付置・附置」なども、法律では「附」の字で統一されているようです。

ちなみに「受賞」と「授賞」は、「授ける」側が「授賞」、「受ける」側が「受賞」ですね。