ダイゾーの「ミクシーな日記」

Hapaトラベル英会話 注目の英会話教材

アイランド04.jpg


最近面白そうと思った英会話教材が2つほどありました。

そのうちの一つが『Hapaトラベル英会話<完全版>』です。

このHapaトラベル英会話完全版は
ロサンゼルスの日系英語学校 BYB English School という学校のメソッドを教材化したものです。
この教材に登場するのはセニサック淳という日米ハーフですが、Hapaというこの英会話教材のキーワード的になっているこの単語は、ハーフを意味するロスで一般的な言葉だそうです。
私もはじめてHapaと言う単語を知りましたが、このように現地で肌に触れなければわからない言葉やフレーズと言うのは決して教科書にはでてきませんね。
Hapaにはセニサック淳のハーフという身上と、現地でなければ学べない言葉という意味が込められているのではないかと思います。

Hapaトラベル英会話完全版は30日間でロスを始めとするアメリカ各地へ、旅行や生活をするためのネイティブ会話を効率よく学べるようにできています。
はじめるレベルとしては初心者(中学生レベル以下でもOKとのこと)から学べますし、英語上級者でも実際に旅行をする際に役立つフレーズが満載です。たとえばどんなに英語ができて英会話が上手くても、実際にアメリカ各地でファーストフードではじめて注文するときは戸惑います、実はファーストフードでの注文をカッコ良くするには、レストランでの注文よりもずっと難しいのです。

Hapaトラベル英会話完全版で学べばどうなるか?
Hapaトラベル英会話完全版で学べば
ロスのファーストフード店で
Do you want that to go? と聞かれても
即座に答えられるあなたがそこにいます。

また「セットNo.2にハンバーガーを単品で下さい。」
とか「注文したチーズバーガーがありませんよ!」
とかで、簡単なフレーズなのになんて言ったら良いのかわからない
なんてこともなくなります。

Hapaトラベル英会話<完全版>の公式ホームページ



迷惑電話ファイル:045(473)6565

迷惑電話ファイル:
045(473)6565
045(472)4309
045(472)4531
045(472)1063
0120-022-025


長期間に渡り、たびたび着信がある

新横浜駅近くのアクショナルという
住宅ローン借り換えを斡旋している会社

携帯電話にも着信があるのでどこかから
名簿を買って営業しているよう。

いずれにせよ住宅ローンの借り換えは都市銀行、信用金庫に直接相談するほうが良いのでは...

045(472)、045(473)で始まる番号で、
新横浜駅近辺に心当たりがなければ出ないほうが良いですね。


迷惑電話ファイル:0120-51-5370

迷惑電話ファイル:0120-51-5370


0120-51-5370からかかってきた。

フリーダイヤルは留守電に任せてすべてスルーすることにしている。
この会社だ:
グローバルパートナーズ(株)
住所は東京都豊島区西池袋
HPもあるが体裁は整っているが実質中身の無いカモフラージュサイト。

NTTの光回線の代理店で、バイトがテレフォンセールスをしているよう。
結構しつこいと評判が悪いようです。

NTTが直接悪いわけでもないのだろうが、こうした評判の良くない代理店が多いのも事実のようです。
代理店も管理もやはりNTTの責任ですよね。

0120-40-1773も同社の別番号のようです。





バレンティンの記者会見に違和感


フロリダで離婚協議中の妻とのいざこざで逮捕されたバレンティン
騒動自体は大したことがなかったようだが、実際はどうかはわからない。

ちょっとバレンティンに同情するところがあるかも知れない。

まあ保釈が認められ、日本の入国管理局も問題なく入国させたのだから
大したことはなかったのだろう、麻薬がらみとかではない単なる痴話騒ぎだったのだろう。

成田到着後記者会見を開いたバレンティンだが
これはある意味「謝罪会見」だったはず
テレビの映像を見るとバレンティンの両耳には特大のダイヤ(?)のようなピアス???

バレンティン.JPG


本人の意識の問題もあるが、誰か注意してやる奴はいなかったのかな?
ヤクルト球団(日本での身元保証人)の関係者は見過ごして記者会見に出させたのだろうか?

実際のところは分からないが、ヤクルト球団のモラルの無さを感じてしまったことは否めない。

バレンティンの60ホーマーだが、49年前の王貞治の55本とは意味合いが違う
王貞治は熾烈な優勝争いの中から絞り出した価値あるホームランの積み上げだが、
バレンティンのホームランはBクラスの戦いの中で、ある意味ノーマークというアドバンテージがある。
優勝チームでの記録と、最下位チームでの記録は重みが違うように感じる。
(王貞治氏がダイエー監督の時に近鉄のローズが55本の記録に並んだ以降の試合でオール敬遠を指示したのは本当に残念だが...)
これは落合敏満氏の両リーグ三冠王と同じである意味、「ごっつぁん」な記録なのだ、
記録の本質的なものを見極めると、数字には現れない価値があるのを忘れないようにしたい。

バレンティンの本当の記録勝負は今シーズン、各球団もオフに完全対策を講じているだろうから、
今シーズンに結果を出せるかどうかで真価が試される。




迷惑電話ファイル:03(6830)2283 0120-914-630

迷惑電話ファイル:03(6830)2283 0120-914-630


03(6830)2283からかかってきた。
0368302283 03-6830-2283

慌てた様子で、留守電に
「私、株式会社アクセスの松田と申します。急ぎで確認したいことがありますので。
お手隙に0120-914-630まで折り返し連絡をお願いします。」のメッセージ

相手の名前も確認せず、用件も言わず、
ただ連絡折り返せとだけ


最近の詐欺電話は相手にされないので、手法を変えたような感じ
劇場型詐欺と決めつけた、いずれにせよコチラに急用はないので、ほっておくのが賢明

株式会社アクセスという名前はいかにもな名称、
実際ネットで検索すると数社、バラバラで出てくる、
いずれにせよ登記されていない、バーチャルなものだろう。

同じような電話があったら注意して下さい!